痩身エステの勧誘を断る方法とクーリングオフや解約方法を知る

痩身エステを利用すればただ痩せるだけではなく、メリハリのある美しいボディラインを得ることが期待できます。
そして、来店していきなり施術ということは少なく、まずは無料カウンセリングを利用してダイエットの悩みを相談したり、サロンの技術力や雰囲気を確かめるために体験コースなどを利用することが多くなっています。

 

痩身エステの勧誘を断る方法とクーリングオフや解約方法を知る
そして、この時にはカウンセリングだけのつもり、体験コースだけを利用するつもりで来店したにもかかわらず、勧誘されてしまうという可能性もあります。
まず、エステサロンに来店した際はしつこい勧誘でなくても、それぞれに合う施術やコースの提案があるということは理解しておきましょう。
こうした提案はサロン側としても正しい行為と言えますが、不必要なコースを薦められたり、いきなり契約を迫られるような場合は対策が必要です。
まず、最近はエステサロンもかつてのような強引な勧誘が行われることは少なくなっており、カウンセリングや体験コースも安心して利用できるようになっていますが、事前にサロンの評判を確認しておくとより安心です。

 

痩身エステの勧誘を断る方法とクーリングオフや解約方法を知る
そして、カウンセリングの際に希望していない高額なコースを薦められてしまった場合に備えて、断る方法も考えておきましょう。
まず断り方としては、お金がないことをアピールするという方法もありますが、この場合もローンや分割払いが薦められることもありますので、注意したいところです。
この他の方法としては、何時までに店を出なくてはいけないなど時間がないことをアピールするという方法もあります。
さらに施術の効果を帰宅してからじっくりと見極めたいなど、その場ではすぐに契約を決断できないこともサロン側に伝えておくこともおすすめです。
そして、つい勧誘を断れなかった、勢いでつい契約してしまったという場合もクーリングオフを活用することができます。
この場合は、契約金額が5万円を超えていて、契約期間が一か月以上という際に適用できます。契約日から8日以内となっていますので、手続きは早めに行っておきましょう。
この場合も電話や口頭ではなく、書面で伝える必要がありますので、内容証明郵便などで送りましょう。
それからクーリングオフ期間が過ぎてしまった場合も中途解約という方法もありますので、こちらも活用してみましょう。クーリングオフ期間が過ぎていても契約の有効期間内であれば活用することができますので、施術を続ける気持ちがないのであればこうした制度も活用していきましょう。